レポート書類のチラシレイアウト

レポートの作成

レポートのような書類をレイアウトする際に、中心となる要素は、テキストです。説明の補足としてデータを示すグラフなどの図版の要素が入ることもあります。レポートは一般的にある程度前提知識を持った限られた人が読み手になります。内容をしっかりと理解するために隅からすみまでなんども読まれますから、読みやすさを重視します。また、どこに何が書いてあるかわかりやすいよう、見出しや本文といった文書の構造をはっきりと示すことも求められます。

文字をレイアウトする際は、フォントの種類、文字サイズ、行間、行長などを決めていきますが、これらが不適切だと読みにくいものになるため、注意しましょう。

書体は音分を基準に考え、ベーシックな読みやすい書体にします。タイトルや見出しなど強調する文字の太さや書体を変えて目立たせましょう。サイズも本文を基準に高齢者も読む場合はサイズを大きくすることも考えます。行間は文字のサイズの半分~等倍程度の感覚にするのが一般的です。

重要なのが行長で、位置行の長さは長すぎても短すぎても読みにくくなります。読みやすい行長になるようにしましょう。

  • 読みやすくするための配置

文字が適切に設定されていても、それだけで読みやすくなるとは限りません。テキストを配置する際に配慮が欠けていると結果として読みにくくなってしまいます。

分送料が多い紙面で余白が少ないと、テキストが黒い塊に見えて圧迫感を感じるため、読む気になれません。版面の周囲や文章の項目ごとに適度な余白を作ると情報が整理され、読みやすくなります。またレポートの場合は、説明を聞いてメモを取りながら読むことも多いので、そのためにも適度な余白が必要といえるでしょう。

雑誌やパンフレットなどは見る人の目を引く必要があるため、書体や色などに工夫を凝らして目立たせたりします。しかし、レポートの場合は過度な装飾を行う必要はありません。その代わり、文書の構造や情報の分類を明確に示し、一目で全体像を把握できるように配慮することが重要です。

  • レポート作成のポイント

レポートでテキストを読みやすくするポイントは適切な書体・サイズ・行間・行長が設定されていること、余白が十分確保されていること、序文・本文・中見出し・小見出しといった階層構造がはっきりとわかること、目立たせなければならない部分が強調されていること、そのために適切な強弱関係が付いていることといった点です。

また、過度な装飾は避けて、不要な要素は配置しないようにします。写真やグラフなどのビジュアル素材を配置する場合は、必要な情報が過不足なく盛り込まれているか確認し、大きく見せる必要があるか、補足的に小さく配置すればいいかを判断して配置しましょう。

1件のコメント

  1. Hi, this is a comment.
    To get started with moderating, editing, and deleting comments, please visit the Comments screen in the dashboard.
    Commenter avatars come from Gravatar.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です